« 衝撃的かわいさっ | トップページ | 不景気を乗り切る為の企業努力 »

2014年10月10日 (金)

消費税が増えるのと反比例して、減ってるモノ

ポテチの中身とか、ポッキーの中身が年々、恐ろしい勢いで減っている。 …気がする。

ポッキーなんて、一袋に3つくらいしか入ってないんだぜ…? ポテチも、恐ろしいホドの空気率。

 

でも、もっと恐ろしいモノがあった。

レトルトの牛丼。 一人前125gと書いてあったが…。

 

 

牛肉のカケラが一枚 (;゜д゜) 入っていたダケだった…。

 

 

あとは汁。 しかも味薄い。 玉ねぎすら入ってねぇ…いや、入ってたのかも知れないが、もうカケラすぎて原型をとどめてナイ。

 

オソルベキ、Co○pの商品…。 10%になる(であろう)来年は、きっと多分、その一枚の牛肉すらなくなっているんだろうな…。

|

« 衝撃的かわいさっ | トップページ | 不景気を乗り切る為の企業努力 »

コメント

消費税が上がる→材料費も消費税かかるから上がる→たくさん買えない→量が減る

消費税を3%にして材料費を下げたほうが国のためになるんじゃないかな…
買う気失せてますます消費者が物買わなくなっちゃうよ……orz

投稿: 秋月久安 | 2014年10月11日 (土) 00時29分

消費税が上がると余計なモノを買う気がなくなるよね。
食品を買う時も、2,3品買うモノを少なくしたり。 アスパラをサラダに入れるかなー…あーでも高いからいいや…。 デザートにプリンを…いや、3つで200円とか高い…ダイエットにもなるしヤメとこ……みたいな?

まあ、そーゆー心の機微を政治家が分かるとは思えんし。 日本が腐っていくのを見てることしか出来んすなぁ…。

投稿: だーしゅ | 2014年10月12日 (日) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税が増えるのと反比例して、減ってるモノ:

« 衝撃的かわいさっ | トップページ | 不景気を乗り切る為の企業努力 »